政治犯

政治犯、その人の行動または信念が彼または彼女の政府のものに反するために投獄された人。これは、定義するのが難しい用語の最も一般的な意味です。実際には、政治犯は他のタイプの囚人と区別できないことが多い。

定義上の問題

厳密な法的意味での用語「政治犯」を定義することは、現在、単に不可能である仕事です。用語を定義する際の問題はいくつかの要因に関連しており、標準的な法的定義が欠けているため、この用語はさまざまな状況で使用されてきました。国際人権団体アムネスティインターナショナル設立のきっかけとなった1961年の手紙で、ピーターベネンソンは「良心の囚人」という言葉を作り、「犯罪」の疑いで7年の刑を宣告された2人のポルトガル人学生について説明しました-独裁政権だった当時の権力者だったアントニオデオリベイラサラザールにもかかわらず、自由への簡単な乾杯をしました。それ以来、政治犯良心の囚人は互換に使用されてきましたが、後者は個人的な暴力を容認も提唱もしない反体制派の囚人を明示的に指すことに同意する人がほとんどです。

政治犯という用語のすべての概念化と実用的な定義特に、反体制派と政府当局または支配エリートのエージェントとの間の権力関係の重要性に対する彼らの認識は共通しています。政治犯は、現状維持への挑戦の象徴的な象徴として立っています。人種的、経済的、政治的、または宗教的であれ、挑戦が組み込まれているイデオロギー的状況がどのようなものであれ、政治犯罪(したがって政治犯)の標準的な定義は、一般犯罪者の活動や行動と区別する必要があります。一部の学者は、政治犯を一般の犯罪者から区別するための基準を提案しています。前者はエリートの支配に対するある種の集団闘争に関与していますが、後者の活動は通常、自己利益を満足させる要素を伴います。法的な明確さの欠如にもかかわらず、政治犯の歴史的および現代的な例は、個人が法体系によって罰せられ、成文化された法律の違反のためではなく、既存の権力関係に根本的に異議を唱えた彼らの考えや考えのために政治体制によって投獄されたという事実を強調しています。

以下の理由により、政治犯の標準的な法的定義を成文化することに関して、近い将来に何らかの根拠が得られる可能性は低いと思われます。第一に、法的定義は、捕虜になった後にのみ政治犯であるとみなされるという論理的概念によって妨げられています。それ以前は、政治犯の可能性のある人は、活動の性質や活動の解釈方法に応じて、反体制派、革命家、社会改革者、過激思想家と見なされる場合があります。第二に、政治犯が裁判なしに、または対応するための告訴なしに抑留された例は数多くあるので、政治犯は政治犯を生成するのに必要でも十分でもありません。第三に、政治的投獄につながる行動の性質は定義できません、当局は、政治犯の行動が維持に課題をどのように提示したかについての説明を提供することなく、国家の安全を保護するために必要に応じて強制収容を正当化することが多かったからです。さらに悪いことに、一部の例では、政治犯はエリートを支配することによって疑わしいと思われる活動の単なる疑いで抑留されています。第4に、政府による拒否は政治投獄の特徴であり、その場限りの法的成文化を損なうものである。政治犯はしばしば、その存在を明示的に否定する国家機構内の代表にアクセスすることなく、法的な泥沼に存在します。そこでは、残酷で非人道的な罰と収容の方法は、保護監督や介入の現実的な希望なしに進むことができます。

世界人権宣言とヘルシンキ合意

現代の政治犯の単なる存在は、彼らを保持している国家がいくつかの主要な国際人道協定に反して行動しているという事実を強調しています。最も関連するのは、1948年12月に国連総会で採択された世界人権宣言です。法的拘束力はありませんが、この宣言は「すべての国民とすべての国の共通の達成基準」として機能することを目的としています。政治犯の問題に特に関連する記事がいくつかあります。第5条には、「拷問、残虐な、非人道的な、または品位を傷つける扱いや処罰を受ける者はいないものとします。」政治犯は多くの場合、独立した監視または拘束を受けずに秘密の条件下で拘禁されているため、彼らの報告された扱いは嘆かわしいものです。

それに倣うために、世界宣言の第6条は、「誰もがどこでも法の前の人物として認められる権利を持っている」と述べています。多くの場合、政治犯は切り捨てられた罪状で拘禁されているか、まったく罪のない罪状で拘束されており、事実上この権利を否定している。さらに、政治犯の問題に関連するのは、強制的な「失踪」のケースであり、エリートの支配に反対した人々は、彼らの拘禁について政府の承認なしに身体的および法的に消滅させられた。歴史家がナチス政権から始まったと信じている慣行では、「失踪した」人々は合法的に存在する権利さえも拒否され、政治犯と見なされる。

同様に、世界宣言の第9条は「誰も恣意的な逮捕、拘留、または追放の対象とはならない」と述べています。ほとんどの国は反逆罪と扇動の罪を認めていますが、これらのカテゴリーの罪は、エリートの支配に反対する発言の規範に該当する政治犯罪の本質を捉えていません。ほとんどの国で政治犯罪の標準的な法的定義が欠如しているため、政治犯は、政府の社会法的構造または政権の政権に応じて、状況に合わせて製造された罪状に応じたり、理由なく拘束されたりすることが多い。

政治犯と特に関連があるのは第18条であり、これは「思想、良心および宗教の自由」に対する権利を保証します。言及したように、政治犯の歴史的および現代的な例の特徴の1つは、現状に対する挑戦です。国家安全保障に対する漠然とした決まりきった国家の懸念にもかかわらず、反対で反対する意見の自由な表現は、強制収容の正当な根拠ではありません。

世界人権宣言は、その後のヨーロッパにおける安全保障と協力に関する会議の人権規定に影響を与えました。この規定は一般にヘルシンキ合意と呼ばれています。 1975年に35か国によって署名された協定は、参加国が「人種、性別、言語、または宗教を区別せずに、人権および思想、良心、宗教、または信念の自由を含む基本的な自由を尊重する」と主張しています。協定の主要な署名者のいくつかは、政治囚を保持している人権団体によって、イデオロギー的に権力者と異なる権利を行使するために抑留されているだけであると非難されている。